ブログ再建中

Mac miniの購入を検討し、結局諦めた理由

Macシリーズの中で一番マイナーだと思われる製品「Mac mini」。
見た目は他のMac製品とは一線を画します。

僕はこの製品に大きな魅力を感じました。
しかしその中に一つの大きな不満がありました。

そのため、僕はMac miniの購入を諦め、iMacを購入しました。

大学2回生が一年使ったMacBookAirからiMacに乗り換えた理由

どこに魅力を感じ、そしてなぜ諦めたのかについて話していきたいと思います!

僕が感じたMac miniの2つの可能性

Mac miniは今年の4月に新モデルが発売したばかりです。
ここは大事。できるだけ新しいものがほしいというのは人間の心理です。

Mac miniに感じた可能性は大きく2つ

  • コスパ
  • ディスプレイ

コスパ

Mac miniの最大の魅力はコスパです。

(これが僕が検討していたスペックです)

Macにしては破格だと思います。
この性能で512GBのSSDの割にはとてもお安く感じます。

ここに4Kディスプレイを追加してもそれほど高価なものじゃなかったら、
20万円を切る価格で買い揃えることができます。

もともとディスプレイを持っていたら、
さらにコストを掛けずにデスクトップのMacを手に入れることができます

ディスプレイ

ここもおおきなポイントです。

iMacは精細なRetinaディスプレイですが、
自由度がなく、決められたものを使うしかありません。

しかしMac miniは自分でディスプレイを購入して接続します。
たくさんあるディスプレイの中から好きなものを選ぶことができます。
30インチを超える比較的大きな画面を購入するもよし、
少し背伸びをして5Kディスプレイだって接続することができます。

参考 LG ultrafine 5K ディスプレイApple.com

可能性は無限大です

ここからは自分の都合ですが、
僕はもともと、PS4 ProやSwitchなどのゲーム用に
30インチほどの4Kディスプレイの購入を検討していました。

その4Kディスプレイを購入しそこにMac miniを接続すれば
お得に2つのニーズに答えることができると思いました。

しかし僕には大きな不満がありました

内蔵グラフィック問題再び

そもそも僕が新しいMacを買いたいと思ったのは、
MacBook Airの内蔵グラフィックに不満があったからです。

内蔵グラフィックとは、
CPU内にGPU(画像や映像の処理を担う場所)が搭載されているもので、
独立したGPUとは大きく性能差があります

趣味でカメラをはじめ、今後は動画編集もしていきたい僕は
あまりここに妥協はしたくありませんでした。

外付けGPUを接続するという手もありますが,
Apple Storeでは税込みで6万円近くが最安価です。

追記:2020/8/10
Apple Storeを確認したところ、取り扱いが終了していました。

そこまでするなら独立したGPUを搭載したiMacを買おうと思い、
先日iMacを購入しました。

数日前初めてFinal Cut Proで編集した動画をYouTubeで公開しましたが、
特にカクつくことなく編集することができました。

その動画がこちら

次なる課題

そのiMacで問題が発生しました。容量問題です。

僕は256GBのSSDを選択しましたが、動画一本の編集中に
容量がいっぱいになり、キャッシュや使っていないアプリを消去しました。

ここで検討中なのが外付けSSDです。
軽くて丈夫でAppleでカスタマイズでつけるより安価で容量を増やすことができます。

追記:2020/8/10
外付けSSDはSanDiskのSSDを購入しました。

こんな人におすすめ

  • 他のMacに比べ安価で購入できる
  • 好きなディスプレイで作業可能。
    元々持っている場合はコストが削減される。
  • ディスプレイをもっていないと出費が大きくなるかも
  • 内蔵グラフィックが不安

こんなところかなと思います。

環境によっては、いろいろな意味で化けるMac mini

気になる方は是非自分のニーズの答えてくれるマシーンか吟味してみてください!

今日の一言

最近マスクの在庫が前よりは入るようになってきましたね。
そういやアベノマスクまだ届いてないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA