ブログ再建中

【1年使用レビュー】キャッシュレス狂が惚れたミニマムな財布 PRESSo

キャッシュレスしてますか?
キャッシュレス狂の僕は皆とは少し違う財布を使ってます。

drip さんの「PRESSo」です。

PRESSo
  • どんな商品?
    キャッシュレス時代の今持ちたい財布
  • ここが残念
    小銭を入れられる数が少ない。(6枚まで)
  • 価格
    ¥10,800(税込)

image by drip

購入までのいきさつ

まず僕が求めたことは小ささです。

もともとは長財布を使っていたのですが、
不満だったのがポケットに収まらない大きさです

その時からiPhoneのApple PayやQRコード決済を使っていた自分はすでにあまり現金を使う機会が多くありませんでした。

そのため大きな財布を持ち運ぶのが苦になっていました。

そんな中、僕はこの財布に出会いました。

見た目

見るからにミニマム

image by drip

この財布の特徴はなんといってもこのコンパクトさ

まわりから「ちっさ、財布。」と言われることも多々あります。
ポケットにすっぽり収まり、気にならない。

まさしく僕がほしいサイズ感でした

新モデルには嬉しい改良点も

image by drip

僕が持っているのは旧型ですが、
新モデルには小さなスナップボタンがついています。

購入してすぐにお札やカードをたくさん入れても広がらないという改良がされています。
(実際僕も購入してすぐはこの問題に直面していました。)

所有欲を満たす質感

image by drip

いくら小さくても安物っぽかったりしたら、
それは「財布」として持ちたいとは思えません。

大事なのは所有感を満たしてくれる質感です。
このPressoには熟成オイルレザーが使用されていて、
手に届いたときにはすでに革として味が出ています。

そこから毎日持ち運び使用していくことで、
革製品の醍醐味「経年劣化」があらわれます。

機能性

小さいからって侮れない

image by drip

いくら小さくても全然入らなければ元も子もありません。

Pressoには3つのカードポケットにそれぞれ2枚、計6枚を収納可能です。
さらに紙幣が4枚、硬貨6枚が入ります。
現金派の方には少なすぎると感じるかもしません。

キャッシュレス決済ではそもそもお釣りの小銭が出ないので十分だったりします。

小銭は正直もっと入れたいかも

いくらキャッシュレス狂の自分でも現金で払わないといけない場合もあります。
その時に発生する小銭が7枚以上になってしまうことも少なくありません。

image by drip

そんなときに便利に小銭入れ「CHIP」も販売してくれています。

100玉なら10枚、500円玉なら8枚と十分な容量です。
この小銭入れにも同じ熟成オイルレザーを使用しています

使い勝手

このサイズ、どこにでも入ります。

ズボンのポケットだけではなく、ジャケットの内ポケットにも膨らむことなく入ることができます。

そもそも使うかもわからない現金のために大きな財布を持ち運ぶのは大変なので、
省スペースで気軽に財布を持ち運べます

すぐに自分がほしいものにアクセスできる

いざ会計のとき、または身分証明書などを提示するとき、
すぐに取り出すことができます。

そもそも入れれるカードの枚数が少ない分把握しやすく、
必要なときにすぐぱぱっと出すことができます

小銭を入れるのは少し大変

Pressoには前記したように硬貨が6枚入りますが、
他に小銭入れを用意しないといざ会計のときに大量の小銭が発生したときに
手間取ってしまうかもしれません。

購入して1年経った僕のPRESSo

これが僕のPresso。

一年間使い続け、毎日のように持ち運んでいました。

革の醍醐味「経年劣化」

僕が購入したのはブラックです。

モカやアメリカーノに比べ経年劣化は目立ちにくいですが、よく見てみると細かな傷がついています。

特に僕は革の手入れなどは行っていません。
ですが目立ちにくいなりに毎日持ち運んでいるため、味が出てきた気がします。

経年劣化を楽しみたい方はモカやアメリカーノなどの明るい色をおすすめします。

その人の使い方に馴染む

ズボンのポケットという狭い環境ばかりで使っていたので四つ角が丸くなっています。

小銭が大量に発生したときに小銭入れを持っていないのそのまま入れていましたが、家に帰ったらすぐに貯金箱に移動させているのでガバガバになってはいません。

恥ずかしながら僕は最近までカードポケットひとつにつき
3枚まで入れれると勘違いしていました。

そのため一つのポケットが2枚だけ入れたときカードが落ちてしまいます

現在はキャッシュカード1枚・クレジットカード2枚・学生証・マイナンバーカード・nanaco・ポイントカードが2枚入っています。

少々キャパオーバーしていますが依然として薄く不自由なく使えています。

注意
推奨されているカード類は6枚までです。6枚以内での使用を強く推奨します。

このように一人ひとりに生活に馴染むのも革製品の醍醐味です。

まとめ

メリット
  • 小さくてどこにでも入る
  • 革特有の経年劣化を楽しめる
  • カードをすぐに取り出すことができる
デメリット
  • 現金があまり入らない
  • ポイントカードをたくさん持ち運べない
  • 水や汚れに弱い
  • 革の経年劣化のためいつまでも新品同様というわけではない

ほんとにこの財布に変えたことで、
生活が色々なところでちょっとずつ豊かになっていっている気がします。
いまだこの財布に変えてから他の財布を見てもこの財布には勝てません。
本当に僕がずっと待っていた財布を作って頂きました

dripさん、ありがとうございます。

いままで大きな大きな長財布を使っていた方。
ポケットに収まらず落としたり泣く泣くかばんに入れていた方。
コンパクトで周りから一目置かれる財布で
毎日の生活をよりスマートにしませんか?

今日の一言

今月6月末でついにキャッシュレス決済時の 2% or 5% 還元がが終わってしまいます。
僕はこれからも使っていくつもりですが皆さんはどうなんでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA